2009年02月05日

すべてがわかる妊娠と出産の本

すべてがわかる妊娠と出産の本すべてがわかる妊娠と出産の本

著者:ハイディ・E.マーコフ/アーリーン・アイゼンバーグ出版社:アスペクトサイズ:単行本ページ数:439,発行年月:2004年11月この著者の新着メールを登録する【内容情報】(「BOOK」データベースより)妊娠期間中に起こりうるできごとを月ごとに完全網羅!女性の視点に立って、人に聞けない不安・疑問にも対応!最新の医学情報で母子の健康を強力サポート!米国で1200万人のお母さんたちに愛されてきたベストセラー。【目次】(「BOOK」データベースより)第1部 妊娠したと思ったら(妊娠したのかしら?/妊娠してからの不安 ほか)/第2部 妊娠期間—受精から出産まで(妊娠1〜2ヵ月/妊娠3ヵ月 ほか)/第3部 もう一つの大事な時期—産後(産後1週間/産後6週間 ほか)/第4部 健康上の問題が起こったら(病気になったら/慢性疾患への対処 ほか)/第5部 次の赤ちゃんのために(次の妊娠へ向けて)【著者情報】(「BOOK」データベースより)マーコフ,ハイディ(Murkoff,Heidi)What to Expectシリーズを、母のアーリーン・アイゼンバーグ、姉妹のサンディ・ハサウェイと共同執筆。母アーリーンと共に設立したWhat to Expect財団の運営に携わる。同財団は、低所得者居住地域における妊婦の健康管理の改善を目的に活動しており、最近、読み書き能力の不十分な妊婦向けの無料の妊娠ガイドを出版した。雑誌「ベビー・トーク」「ペアレンティング」に毎月「What to Expect」コラムを執筆し、全米各地で子育てや妊娠に関する講演活動を行っている。夫と2人の子どもと共にカリフォルニア州サンタバーバラ在住アイゼンバーグ,アーリーン(Eisenberg,Arlene)What to Expect When You’re Expecting第1版から第3版まですべての執筆に携わり、2001年2月に他界するまで、What To Expect財団の活動にかかわった。雑誌の「What to Expect」コラムをハイディ・マーコフと共同執筆ハザウェイ,サンディ(Hathaway,Sandee)ボストン大学で看護学士号を取得。産科と新生児医療を専門とする熟練した正看護師であり、夫と3人の子どもと共にマサチューセッツ州ウェイバンに在住森田由美(モリタユミ)京都大学法学部卒業。会社員を経て翻訳者になり、政府機関関係、医療関係の翻訳に従事竹内正人(タケウチマサト)1961年生まれ。米国ロマリンダ大学(周産期生物学)をへて、日本医科大学大学院卒業。1994年より葛飾赤十字産院(東京都葛飾区)に勤務。専門は周産期医学、胎児生理学、多胎妊娠。たくさんの妊産婦さんとの日々の関わりを通して、母子保健、国際保健、ウイメンズヘルス(思春期、更年期、老年期)、メンタルヘルス、育児メディア、旅行医学等へと自らの興味と関心を拡げ、現場からの意見と情報を積極的に社会へと発信している行動派産科医(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)この商品の関連ジャンルです。 ・本> ライフスタイル> 恋愛> 性
さらに詳しい情報はコチラ≫



posted by 恋愛コーチ at 02:42| Comment(0) | 恋愛本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。