2009年02月22日

組織戦略の考え方

組織戦略の考え方組織戦略の考え方

企業経営の健全性のためにちくま新書 著者:沼上幹出版社:筑摩書房サイズ:新書ページ数:220p発行年月:2003年03月この著者の新着メールを登録する【内容情報】(「BOOK」データベースより)バブル期には絶賛された日本的経営も、いまや全否定の対象とすらなる。だが大切なのは、日本型組織の本質を維持しつつ、腐った組織に堕さないよう、自ら主体的に思考し実践していくことだ。本書は、流行りのカタカナ組織論とは一線を画し、至極常識的な論理をひとつずつ積み上げて、組織設計をめぐる多くの誤解を解き明かす。また、決断できるトップの不在・「キツネ」の跋扈・ルールの複雑怪奇化等の問題を切り口に、組織の腐り方を分析し対処する指針を示す。自ら考え、自ら担うための組織戦略入門。【目次】(「BOOK」データベースより)第1部 組織の基本(組織設計の基本は官僚制/ボトルネックへの注目/組織デザインは万能薬ではない ほか)/第2部 組織の疲労(組織の中のフリーライダー/決断不足/トラの権力、キツネの権力 ほか)/第3部 組織の腐り方(組織腐敗のメカニズム/組織腐敗の診断と処方)【著者情報】(「BOOK」データベースより)沼上幹(ヌマガミツヨシ)1960年静岡県生まれ。一橋大学社会学部卒。同大学院商学研究科修士課程修了。現在、一橋大学大学院商学研究科教授。専攻は経営戦略論、経営組織論、経営学方法論。経営戦略や経営組織の基本的な考え方から、日本の技術革新や日本的経営・日本型組織まで、地道に、しつこく徹底的に考え抜く研究者。著書に『液晶ディスプレイの技術革新史』(白桃書房、日経経済図書文化賞・毎日新聞社エコノミスト賞受賞)など(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)この商品の関連ジャンルです。 ・本> ビジネス・経済・就職> マネジメント・人材管理> リーダーシップ・コーチング
さらに詳しい情報はコチラ≫

posted by 恋愛コーチ at 19:18| Comment(0) | コーチング本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。